読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

和海悠の『Passing through a Tunnel』〜方向性模索中〜

和海悠(かずみゆう)の好きな音楽、創作、IT、最近の興味と自分の気づいたことをダダ漏れに発信中。

三代目J Soul Brothers「Summer Madness feat. Afrojack」:圧倒的アンビアンス。

02音楽

youtu.be

 

三代目J Soul Brothersに関してはデビュー曲から知ってはいたものの、ちゃんと聞き出したのはシングル「花火」→アルバム「BLUE PLANET」から。
「BLUE PLANET」は幅広く手探りしている挑戦的な曲を集めた印象で、今よりもオラオラしてなくて、どっちかっていうとバラード曲多めでした。
「君の瞳に恋してる」のカバーとか、みんな瞳に恋するの好きだなー…。

その後、「R.Y.U.S.E.I」が大ヒット、その曲が収録されたアルバム「PLANET SEVEN」は聞いたものの、シングル以外は退屈に感じてしまい、前半とラストの「O.R.I.O.N」しか聞いていない。

…というくらいの僕が最新アルバム「THE JSB LEGACY」を聞きました。

前作「PLANET SEVEN」が良くも悪くも「R.Y.U.S.E.I」「C.O.S.M.O.S」の2曲の魅力が突出していた印象だったのが、
今作は「Summer Madness」という攻め玉が他の曲をより魅力的にしているように感じました。

他の曲には、どうしても過去曲の焼きまわし・下位互換的に見てしまうけれど、
この曲は、あえて言えばRYUSEI的EDMとはいえ、ここまで振り切っているのははじめてではなかろうか。

 

前奏がはじまるだけでテンションがあがる。

そっかー。歌詞に出てくる「アンビアンス」って環境とか雰囲気のことだったんですね(←言葉収集)。
「ケータイのカメラじゃきっと写りはしない景色」っていいフレーズだなぁ。フックもあって、耳に残る。

まぁ歌詞は実際にこの雰囲気を感じて仲間と楽しもうぜ!という、いかにもな感じかな?
「熟れた果実のような太陽が〜」という部分だけだともっとエロティズムのある感じになるかと思っていたんだけど。

Summer Madness - 三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE - 歌詞 : 歌ネット

話は変わって、この曲、カラオケで歌うのが難しい。
譜割りが独特だからか、数回聞いただけではなかなか言葉をどう音に乗せればいいのか解らない。
これも、歌う音楽から聞く音楽・乗れる音楽への変化か?それとも自分が衰えた??

 

Summer Madness (CD+DVD)

Summer Madness (CD+DVD)

 

 

モーニング娘。'16「Tokyoという片隅」:弱さよりも、がむしゃらさを訴える。

02音楽

youtu.be

モーニング娘。はサマーナイトタウンから追ってます。
As for one day以降、一時お休みしていた時期もありますが、
なんちゃって恋愛からまた過去に遡って聞くようになり、
One Two Threeでの世間の再評価の流れに乗っかり、「わくてかてかちゃ〜ん!」とか「ねせさり?」とか職場女子とキャハキャハ言ってました。

さゆ卒業以降もなんだかんだで聞いてます、くらいのレベルなんですが、
’16初シングルの「Tokyoという片隅」をYoutubeリピしてます。

Tokyoを片隅っていうくらいだからせつない系だろうと思ってたら、いきなり轟音系の出だしでびっくり。
EDMだけれど、いつものようにフィンフィンいってないし、リズムが前には出ていない。
とはいえ、過去のロック調(シャボン玉とか悲しみトワイライトとか)とは音が違う。
普通にかっこいいじゃねぇか…!

ふくちゃんとだーいしのハモリ部分(「Crazy beat wowowo wowowo」のところ)はこれまでモー娘。で聴いたことのないようなフェイクだったし、
まーさくのサビ部分の迫力は見応えあり。おだちゃん本当に歌うまいし、まーちゃん表情がかっこいい。

歌詞でいうと、
「ぎゅっとされたいって思うこともあるし将来が不安だ。
東京の片隅で、私たちは正直に、がむしゃらにしか生きれないんだ」
といったところか?

MVを見ると、自分たちの撮影風景がセットやカメラごと映ってのダンスショット、
撮影前後とみられる、水を飲んだりする私服ショットの2種類。

私服部分は、みんなどことなく落ち込んだ?(真面目な?)顔つき。
一方で、今作で卒業するズッキだけが笑顔で去っていくように描かれる。
(口元が何かメッセージ言っている?みたいな感じになっている。)(4:23)

Tokyoという片隅=芸能界と考えると、
ズッキがツライ場所から解放された、とも考えられる。
うーん想像力が追いつかない。

MVは今のでもいいけど、せっかくならもっとドラマ調にしてもよかったのかなぁとも思ったり。この曲みたいな。

youtu.be

ダンスショットPV、どうせ作ってるんだろうから、ダンスはそちらで補うので。
このバージョンのカメラ割より、ひなフェスのライブ映像のほうが迫力あったなぁ…
(歌はこっちのほうが整ってるけど)

 

音声入力でブログを書いてみようと思って書いてみた話。

01日記

参考にしたのは、このブログ。

yoshizo.hatenablog.com

tokyo.secret.jp

 

音声入力でブログを書くとどうなるかと思って、実際に書いてみた。

慣れるまでは、大量に文章を読み上げるからか、とても読みづらい文章になっていた。

少しして、大量に文書を読み上げるより、少しずつ文章を区切っていった方が、音声入力の精度が上がることに気づく。

それでも、だいたい五文読み上げて、一文意味不明な文章ができあがるくらい。たぶん滑舌が悪いせい(苦笑)、

 

その他、ポイントとしてわかったのは、こまめに句読点を読み上げること。

そうすれば、後から見ても修正しやすい。

 

Macbook air音声入力だと、改行がするという方法があるらしい。

c-through.blogto.jp

…改行…改行って言ったら解除するって書いてあるんだけどなぁ。

 

でもなんとなく使い方がわかったかな。

確かに、いちいちタイピングするより、思考が拡散しやすい。
慣れるまでは大変だろうけど、慣れたら一気に記事を更新することも可能かも。

たくさん書いて、後から修正すれば、別にいいんだもんな。
iPhoneのSiriも全然使っていないし、音声入力に抵抗あったけれど、
たくさん話すことで入力の精度もあがっていくのかもしれない。

(この記事は10分✕2で完成しました)

lifehacking.jp