和海悠の『Passing through a Tunnel』〜方向性模索中〜

和海悠(かずみゆう)の好きな音楽、創作、IT、最近の興味と自分の気づいたことをダダ漏れに発信中。

Web作詞:夜空を光で埋めようか

言葉に出来ない純粋な愛情。

感情が 暴れだす時って
いろいろ 景色が浮かんで
流れて 溶けていく
跡形すら 残ってこない

「信じてる」 台詞出る時って
決して 信じてやしない
鎖を 強くする
記憶の跡 追えないように

超新星(スーパーノヴァ)が 出ないようにと
祈りの時間 増やしたけれど

新しいものが 大好きな
君だから僕は また不安で
素直にそう言えたなら いいのに
君が眼の前にいると
いつでも 心で暴れる


真剣に 悩んでる時でも
笑って 「どうしたの」なんて
なんにも 気付かない
当たり前の ことなんだけど

 

僕に自信が もっとあったら
超新星(スーパーノヴァ)も 恐れないのに

恋しても人は 移り気で
君だって人の 仲間だって
いつでもそう考えて しまうよ
君が眼の前を去ると
またまた 心で暴れる


夜空を光で 埋めようか
僕だから君を 満たせるって
素直にそう言えたなら いいのに
君が眼の前にいると
やっぱり 言葉に詰まるよ