和海悠の『Passing through a Tunnel』〜方向性模索中〜

和海悠(かずみゆう)の好きな音楽、創作、IT、最近の興味と自分の気づいたことをダダ漏れに発信中。

Web作詞:地下道

神様、もしもあなたがいるのなら。

僕の始まりも
そして終わりまで
薄暗いグレー

生まれたてでさえ
愛されなかった

 KISS ME!
 泣いたって変わらない

歌われた"let it be..."
あるがままなんて

 NONSENSE!!
 生きづらい世の中

  誰もいない地下道で
  僕は独り凍えてた
  お金のない25時
  神様などいないんだ

 

これからに期待
忘れずにいたい

 "imagine..."
 John Lennonみたいに

笑われてwhat a shame
悔しくてWANT TO BE?

 NONSENSE!!
 空腹が堪える

  誰もいない地下道で
  僕は独り泣いていた
  幸せまで遠回り?
  そんな余裕なんかない

 

   夢 が み え る


   巡る...巡る...
   甘いチョコレート
   これじゃマッチ売りの少女
   巡る...巡る...
   声が聴こえる
   魔王か? 神様か?
   助けてくれないか…

  誰もいない地下道で
  僕は独り眠りかけ
  助からない言い訳に
  「神様なら、いないから。」

  誰もいない地下道で
  僕は独り死んでいた
  もうゆっくり眠りたい
  それくらいは許せよな