和海悠の『Passing through a Tunnel』〜方向性模索中〜

和海悠(かずみゆう)の好きな音楽、創作、IT、最近の興味と自分の気づいたことをダダ漏れに発信中。

変幻キャラクター。

変幻キャラクターになりたい。

自分を偽るんじゃなくて、
TPOに合わせて使い分けていけるような。

今のままなら社会に適応しきれない… 

誰もに好かれようとは思わないし、
僕も誰もを好けるわけではない。

でも、苦手な人でもできるだけ嫌いたくないし、
何かあって一緒にいる時は一緒に楽しみたいやん。

じゃあ、そのためにはどういうことをすればいいんやろ。

笑えない。@友人の勤める写真館

就活提出用の証明写真を撮ってもらうために、わざわざ写真館へ。

僕は鏡が嫌いなので、ついでに写真を撮られるのはもっと嫌いなので、自分の顔をあまり見たことがない。

いざ、撮ってみると、 僕、笑えない。 

ほんのりスマイルってどんな感じやったっけ?

右肩は下がるし、首は曲がるし、ついでにスーツはちょっとでっかくって脚が異常に細く見える。撮られる側の不慣れがこんな結果を生み出すなんて…涙。

始めの方の写真なんて表情は明らかに緊張してガチガチな感じ。

友人カメラマンの努力のおかげで、ラストらへんにはそこそこまともな写真撮れたものの。

別に企業の人も、この写真で落としはしないだろう。 んー、でもね、リアルに就活を実感。「あぁ、もう始まるんだ…」みたいな。

さっ、エントリーシート書かなきゃ…