読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

和海悠の『Passing through a Tunnel』〜方向性模索中〜

和海悠(かずみゆう)の好きな音楽、創作、IT、最近の興味と自分の気づいたことをダダ漏れに発信中。

Web作詞:My Sweet Home×WILL COME BACK

ありがとう、と素直にはまだ言えないけど。

  1. My Sweet Home
  2. WILL COME BACK

1.My Sweet Home

寂しくて 誰でも良いから 電話かけまくる
誰も彼も 繋がらないんだ どうしたらいいの?

 夜が重くのしかかる 11PM
 窓を閉め切った部屋
 電球は切れた 3日前
 手探りで掴むのは 何?

  気づけばいつでも あなたがいたから
  甘えていられた そんなMy Sweet Home
  鈍感なMy Father おせっかいMy Mother
  半分ずつ 受け継いだMyself


友達は たくさんいるけど 肝心な時は
頼れなくて 抱えてしまうよ 昔からなんだ

 朝になれば安心と 言い聞かす
 まるで幼い子ども
 幽霊はいない 知っている
 それなのに揺れるのは 何故?

  大人になりたい 強くたくましく
  誰にも頼らず 生きる I said before
  引き留めるMy Mother 黙ってるMy Father
  後ろも見ず 駆け出したMyself


   ベランダに腰をおろす
   暖かい灯りがある
   笑ってる子どもたちの
   声がする 聴こえてくる

   涙流さない そんな時じゃない
   頑張るって誓ったあの日があるから
   一人で暮らしてる Now I cheer myself

  気づけばいつでも あなたがいたから
  甘えていられた そんなMy Sweet Home
  鈍感なMy Father おせっかいMy Mother
  半分ずつ 受け継いだMyself

  大人になりたい 強くたくましく
  誰にも頼らず 生きる I said before
  引き留めるMy Mother 黙ってるMy Father
  後ろも見ず 駆け出したMyself

  ベストを尽くして 結果が出たなら
  お土産を持って 帰るMy Sweet Home
  ありがとうMy Father ありがとうMy Mother
  こんなに僕 大きくなりました

2.WILL COME BACK

遠ざかる景色
流れない涙
ずっと待っていた機会

思い出は全て
窓の外捨てた
きっともう必要ない

 (あなたの子どもじゃなきゃよかった)
 赦されることのない罪
 (あなたは何も解っちゃいない)
 背負って生きていくんだよ

  何度繰り返した
  苦しみの螺旋
  もう狂ってしまいそう
  いつか逢いに行くよ
  何かに生まれ変われば
  それまで僕は遠くで


忘れたい記憶
でも消えやしない
腕にあるそのしるし

何かしたいけど
したいこともない
とりあえず逃げたんだよ

 (どうして僕を産んでしまった)
 傷つけることしかできず
 (僕から何も生まれてこない)
 あなたも泣いていただろう?

  僕を赦さないで
  代わりに覚えていて
  心の隅でいいから
  いつか逢いに行くよ
  あなたがどこにいたって
  カタチの違う身体で


  いつか逢いに戻る
  育ててくれた家へ
  すべてを償うために
  いつか逢いに戻る
  何かに生まれ変わって
  それまで僕は遠くで

  生きているよ