読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

和海悠の『Passing through a Tunnel』〜方向性模索中〜

和海悠(かずみゆう)の好きな音楽、創作、IT、最近の興味と自分の気づいたことをダダ漏れに発信中。

無。

それはBGMが聞こえなくなることから始まる。
次に時計の存在がこの世界から消え、そして周囲から自分だけが切り取られる。
内なる欲望であるはずの空腹も眠気もない。

そんな、無。

その結果はえてして失敗であったりする。
遅刻、寝坊、乗り過ごし。
無視、無言、すっぽかし。

でも、そういう時間がないなら『在る』ことが実感できない気がする。
その時間が無くなるなんて、考えられない。

僕は日常に埋没なんてしない。
簡単に埋もれられるだろうし、埋もれれば楽な生活だろう。
だって考えなくても身体が覚えている。

だけど。
そんなの要らない。今は。
自分で考えて動きたいから。
僕の人生は僕のもんだ。