読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

和海悠の『Passing through a Tunnel』〜方向性模索中〜

和海悠(かずみゆう)の好きな音楽、創作、IT、最近の興味と自分の気づいたことをダダ漏れに発信中。

Web作詞:ブラインド

新たな旅立ちの日。

降り注ぐ 太陽光
眩しすぎるよ ブラインド
3月が 駆けていけば
もうすぐ桜 乱れる


雪のコート脱いだ陸(おか)
生まれる赤 青 緑
曲がっていた背筋がほら
伸びていく気分

「泣きそう」 どうしてだろう
望みどおりの 明日なのに
隣に いつでもいると思ってた
君が遠くに行くからかな

遮った 太陽光
電車の窓に ブラインド
美しい思い出だけ
集めてスクラップしていた


桜予想 にらめっこ
計画していた 花見
裏切られた僕たちでも
愛でていた蕾

「怖いよ」 温かい風
急な流れが 花を散らす
はかない だけども強く 揺れ戻る
君も僕も凛といよう

澄み切った 青い空を
奪えやしない ブラインド
本質は 変わらないよ
僕たちだって そうだろ?


巡りゆく 季節(とき)の息吹

咲き出した しだれ桜

焼き付けた 君の背中
これまで生きた軌跡を
僕たちは 忘れないよ
新たな道の上でも

降り注ぐ 太陽光
必要ないよ ブラインド
君の夢 ほころんでる
恐れず高く 咲き誇れ