読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

和海悠の『Passing through a Tunnel』〜方向性模索中〜

和海悠(かずみゆう)の好きな音楽、創作、IT、最近の興味と自分の気づいたことをダダ漏れに発信中。

こんふぉーたぶる。

穏やかに時間は流れていかない。
そもそも穏やかである、と自覚するときはたいてい過去との比較でしかないのだけれど。

働くことに穏やかさを求めていた。
しかし、それは叶わない。
やれ暇人だやれ資料ばかりだと言われていたが、いつだって緊張していた。
ありもしない可能性を恐れていた。

なんてくだらない。

実際、何かにぶつからないと解らない。
挫折も苦しみも、その先の楽しみも希望も。


昼間の公園のうららかな快適さ。
夜の突然すぎる会合。
ほら、今、大切にしたいものがある。
それでいいんだ。
たとえいつか棄てなくてはならないとしても、それはそうなった時のこと。潔く棄てよう。

刺激的な日常があるからこそ感じられるんだ、これらはきっと。