和海悠の『Passing through a Tunnel』〜方向性模索中〜

和海悠(かずみゆう)の好きな音楽、創作、IT、最近の興味と自分の気づいたことをダダ漏れに発信中。

ON BORDER.

ある人が僕に言った言葉がある。
その人は豪遊の高校時代をすごし、
なにげに英語ができるだけで英文科に入って、
卒業後はいろいろバイトをしてきた自由人。
(今は正社員なんだけど。)

「世界が2つある。普通の世界とちょっと変わった世界。
おまえはどっちにもふりきれていない。
ボーダーラインの上を歩いているだけだ」と。

昨日の夜、眠りにつく前によみがえる声。
どうしてこんなことを思い出すのだろう。

今朝、こんなにも胸が苦しいのは、
自分が描いた人生と現状とのギャップなのか。

楽しくないわけじゃない。
でも、これでいいのか。
解らないまま出勤して、自分を宥めて帰宅する繰り返し。
これでいいのか?