読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

和海悠の『Passing through a Tunnel』〜方向性模索中〜

和海悠(かずみゆう)の好きな音楽、創作、IT、最近の興味と自分の気づいたことをダダ漏れに発信中。

KEEP IT SIMPLE,STUPID.

危うく谷間に落ちてしまうところだった気分がして目覚めた。
眩しい朝陽は表面だけを照らし、影を焦がしていた。

朝は要らなかった。
昼も必要なかった。
恐れも不安も忘れてしまえる夜だけあれば良かった。
月があれば暗い道も歩ける。


とめどなく吹雪く想いを受け止めようとした昨日までの僕。
大切なものを守れるならこんな身体がどうなったって構わない、と。

だから変な川に溺れて流されてしまう。
もしも言葉に力があるなら、きっと僕はこんな僕じゃないこと、少し考えれば解ったろうに。


なりたいものがあるなら、
そこに向かって歩きだせばいい。
あきれるほど素直に。



それだけ、

…なのに。

ふと泣きそうになる、会社のデスク、電車の中、道中。
そんなの知らない。振り払う。強く強く。

もっともっと前へ進まなきゃならない。
このままじゃ終わらない。終わりたくない。
なんて衝動に揺れる夜更け。気分屋。