和海悠の『Passing through a Tunnel』〜方向性模索中〜

和海悠(かずみゆう)の好きな音楽、創作、IT、最近の興味と自分の気づいたことをダダ漏れに発信中。

モーニング娘。「なんちゃって恋愛」:ティーンズの承認欲求。

テレビで出ている歌手だけがいい曲を歌っているわけではない。

適当につけたYoutubeで聴いた久しぶりのモーニング娘。で、まさかこんなにも衝撃をうけるなんて思わなかった。


モーニング娘。 『なんちゃって恋愛』 (MV)

まず、出だしのピアノが哀愁でスリリング。途中ではざまれる鍵盤も同じく哀愁。この歌謡曲的な哀愁漂うメロディーラインが和海の好みだ。なんちゃってラップ(?)は賛否両論だろうが、初期の彼女たちもしていたこと。「あり」だろう。

タイトルだけ見たら「恋愛」の歌詞なんだろうけど、どっちかっていえば「思春期の少女の不満」がテーマに見える。

僕も作詞でよく使う題材だからそう思うのかもしれないが、都会における現代人の描写は「満たされない」が多いように感じる。

ナンパを拒否ったり、ハンバーガーかじったり、キャラを考えたりする最近の女の子。お母さんにも素直に甘えられない彼女たちは、愛が足りない。だから、愛を求めて「なんちゃって恋愛」をしてしまうけど、それでも満たされない。(このあたり、すごく具体的でイメージしやすい!おそらく、それがつんくの考える、世間一般の彼女たちの年代の女の子のイメージなんだろうな…)

注目すべきは、そんな「なんちゃって恋愛」を肯定・共感してしまう点である。

誰でもわかっちゃうわ 女の子なら

まるで世間の女の子がすべてそんな感情でいるようなフレーズ。何の根拠もないけれど、そう言われたらそんな気がしてくる。(理由を提示されたら、人はそんな気がしてしまうのである。それが自分で解らないことならなおのこと。)

なんちゃって色々と言うけれど
輝きたいだけ
私にもなれるかしら 本物に

このラストの言葉がまたキラーフレーズ。アイドルは親密さを感じさせる存在であり、カリスマのような孤高な存在とは違うポジションにいる。彼女たちはそういう聴衆に近い存在であるため、「あなたも私も同じ気持ち」という共感性が必要であり、それを喚起させるには十分すぎる。

そういえば、昔のELTにも同じような描写があったっけ。朝まで遊んでいて、それでも満たされない、という作詞が。(両方の曲とも男性が見た女性像(女子高生の年齢?)といった点が興味深い。)。話がそれてしまったけれど。

 

なんちゃって恋愛(初回生産限定盤A)(DVD付)

なんちゃって恋愛(初回生産限定盤A)(DVD付)