和海悠の『Passing through a Tunnel』〜方向性模索中〜

和海悠(かずみゆう)の好きな音楽、創作、IT、最近の興味と自分の気づいたことをダダ漏れに発信中。

「身を飾るより心を飾ろう」

明るくピクニックに出かけたけど、やっぱりとげとげしい出だしだったし、
さっきまでかけていた電話では相手に心配される始末だったし、
コントロールが完全にできていたわけではなかったけど、なんとか乗り切った。

根本的な問題は解決していないけど、ま、とりあえずはいいのか。
根本的な問題の内容すらあやういけれど。

いや、問題はそこじゃないのか。
一番ショックだったのはその人が僕よりも先を行っていたことではなくて、
僕のことに関して(少なくとも僕にとっては)そいつが嬉しくない表現で語っていたってことだろう。
そして、それが見事に当てはまっていたわけではないが、確実にはずれとも言えないっていうことが。
で、おそらく周囲にいるほかの人もそういう類の思いを持っている可能性がある(高い)ということが。
外れていたら思いきり笑えたのかな、勝手に思わせとけばいいって。

お正月にひいたおみくじを思い出す。
「身を飾るより心を飾ろう」
努力していたつもりだったけど、結局心どころか身すら飾れていなかったよ。

そいつを底知れない苦しみから助けたのは誰か、僕は知らない。
が、最終的に僕を救い出すのは僕自身でしかないことは解っている。
そいつが今苦しんでいないという可能性はないと、僕は知っている。
で、最終的に僕がこれから苦しまない可能性はないと、断言できる。
生きてるってそういうことだから、きっと。