読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

和海悠の『Passing through a Tunnel』〜方向性模索中〜

和海悠(かずみゆう)の好きな音楽、創作、IT、最近の興味と自分の気づいたことをダダ漏れに発信中。

YUI「GLORIA」:変化しているサウンド、変化していない軸。

02音楽

歌詞でもメロディでも歌声でも惚れている。

YUIは僕の好きなアーティスト。外見も好きだけど、それ以上にメロディだったり歌詞だったりが妙に胸にひっかかる。憂いを帯びた声も彼女の魅力で、特にLIVEでは歌にこめた想いが伝わってくる。

新曲『GLORIA』は歌詞を公募したり進研ゼミの主題歌ってこともあって、「今度はポップなティーンズソングかな…」ってちょっと不安だったんだけど、*1なんと!期待以上の仕上がりでした。

確かにティーンズ向けなんだけど、そこに現在のYUIの気持ちがちゃんと入っている。そして胸を押されるメロディとそれを助けるアコギのアレンジ。出だしのスキャットには久しぶりにポップな名曲が来た!!って想いました。


YUI - GLORIA-short ver.-

PVは『Laugh Away』や『SUMMER SONG』のふたりが主人公になっているが、今回の曲はどことなく『LIFE』に繋がるような気がします。

「過ぎてきた日々全部で 今の私なんだよ
カンタンにいかないから生きていける」

 そう歌った『LIFE』は、都会でもがいて苦しくて、変わりたい!変わるんだ!!と歌っていましたが、『GLORIA』は変わりたい想いがあれば変わるでしょ、近道なんてないけどそのまま進めば変われるんだ、そうしっかり現実を受け入れてアウトプットしている印象。

好きなのは2番のサビ。

「負けてないやいやいやいやい 輝く先にGLORIA 近づいてるはずさ
Cryやいやいやいやい もう誰のせいにもしないよ 全部抱きしめていく
夢中になれなきゃ嘘ね」

2010年にはこの曲も収録したアルバムも発売されるでしょうか。楽しみです。

GLORIA(初回生産限定盤)(DVD付)

GLORIA(初回生産限定盤)(DVD付)

 

 

*1:(僕はYUIの『CHER.R.Y』や『I'll be』のような曲がちょっと苦手なのです。)