読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

和海悠の『Passing through a Tunnel』〜方向性模索中〜

和海悠(かずみゆう)の好きな音楽、創作、IT、最近の興味と自分の気づいたことをダダ漏れに発信中。

規制終了。

・・・ではなくて、「帰省終了」

毎年のことながら、1月1日の夜には一人暮らしの家に帰ってきたのです。

 

いつもの会合は相変わらずで、

でもいつもとは違う部分が今年はありました。



ばあちゃんが入院していました。

お正月だけ退院って言っていたのに。

 

それで周囲はなんとなく騒がしくて、

年末年始もいつも以上にてんやわんやだったらしい。

親不孝な僕はそれは別世界で起こっている出来事として認識していたのですが。

 

現実のばあちゃんを見たら、

すごく小さくて、そして皺皺で、弱弱しくて、

つい目を逸らしてしまいました。

 

そんなに弱っているのに自分のことより僕たち孫のことを考えているばあちゃんは、

十分に愛情に満ちているんだろうけれど、

それを受け止められない孫がここにいました。

 

うわべだけの近況報告をして、

「また来るよ」なんて曖昧な言葉で濁して…。

こんな孫でごめんなさい。