読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

和海悠の『Passing through a Tunnel』〜方向性模索中〜

和海悠(かずみゆう)の好きな音楽、創作、IT、最近の興味と自分の気づいたことをダダ漏れに発信中。

樹氷。

桜が散るように雪が散る。

頂上から見た白銀の世界は下界とは違った。

美しい場所なら、曇り空の向こうも信じてみたくなる。

 

そんな土日の旅行@湯ノ山温泉。

一緒に行ったのは同じ大学で今は違う場所にいる人たち。

こうやって旅行に行けるということは幸せなのだろう。

何も生まれない会話や日常茶飯事のイライラもあったけれど、

それを超える癒され方をしたみたいだ。

 

それにしても、

夢を語っていた人間が急に現実を見ている姿はみたくなかった。

君たちのそういう部分を「かっこいい」と思っていたのに。

・・・君たち、そんなに何か戦ったの?

途中で投げ出そうとしていたんじゃないの?

 

ラストチャンスで戦っているようだから、

それが実ることを祈る。

ただただ、散らないで。