読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

和海悠の『Passing through a Tunnel』〜方向性模索中〜

和海悠(かずみゆう)の好きな音楽、創作、IT、最近の興味と自分の気づいたことをダダ漏れに発信中。

最高速でソツなくこなす。

スピードをあげて間違いが多いのと、

スピードが遅くても間違いが少ないのと、

どっちがいい?

 

この答えは、

 

「そのときどきだけど、

スピードが速くて間違いがないのが最善」

 

だろう。

 

心の準備ができていないと、

スピードも正確性も中途半端になって

結局は最悪のシナリオになってしまうもの。

 

手順を考えるというのは、

回り道のようで最速への近道なのかもしれない。