読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

和海悠の『Passing through a Tunnel』〜方向性模索中〜

和海悠(かずみゆう)の好きな音楽、創作、IT、最近の興味と自分の気づいたことをダダ漏れに発信中。

転職と向き合うため、今の自分と向き合うため、

転職サイトに登録してみた。

以前の「エンゼルバンク」でみたとおり、僕のエンゼルはほぼゼロみたいだ。

そんな現実が目の前にあった。 

エンゼルバンク 転職代理人 DVD-BOX

エンゼルバンク 転職代理人 DVD-BOX

 

 

応募したい職業がないわけではないが、

そこに不安を感じちゃうあたり自分って案外安定志向なんだなって思い知らされる。

そんなんじゃ殻を破れないのに。

そんなんじゃこのままで終わっちゃうのに。

 

僕がなりたい職業は不明確だけれど、

自分じゃなきゃできない仕事がしたいという思いがある。

(社会人2年目でこんなこと言いだすのもどうかと思われるだろうが。)

この世界の誰もができない、自分だけの仕事。

傲慢だけれど、誰かが代わりじゃダメなんです、っていう仕事。

どちらかといえば自由業に近い、自分自身が価値となる仕事。

誰にも振り回されず、何のしがらみもなく、自分で明日を決定していけるような。

 

・・・それには専門性を身につける必要がある。

誰にも負けない、【これ!】っていうもの。

 

今のところ、大学院に行って専門分野を鍛えるっていうのが、

これまでのキャリアを考えた上で一番ベストな選択に思っている。

それにはさらにお金も労力もかかるのだけれど。