読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

和海悠の『Passing through a Tunnel』〜方向性模索中〜

和海悠(かずみゆう)の好きな音楽、創作、IT、最近の興味と自分の気づいたことをダダ漏れに発信中。

モルタル803。

豊富な語彙で、多彩な表情で繰り出される変則パンチに憧れる。

笑顔が増えていくのはいつだって彼らがいるからで、

そんな中で笑っていられる僕は幸せだ。

ただ、それは今のところの話。

 

いつかは、僕もあっち側へ立ちたいと思う。

今は根本的に不足している経験値と話術に太刀打ちできていない。

「みんな違うから成立しているんだよ、この組織も社会も」

そういう友の言葉に安住しているほどお人よしでない。

 

非生産な人間は淘汰される運命にある。

解っているから、頑丈に作られた殻のもと偽りの話をぶちまけていた。

結果、大して興味のない話だって笑顔で聴いていられるし、

これまでになかったことをまるであったかのように話すことだってできるようになった。

 

そんなことばかりうまくなっていって、本当に大切な経験値をおろそかにしていた。

だからだろうか、慢性的な経験不足に陥っているのを実感する。

不必要だと思う情報は片っ端からシャットアウトしていた。

本もお金を言い訳にして読んでいなかった。

人付き合いだって本質的な部分で避けていた。

 

限界を超えるには、まずは自分が変わること。

モルタルを打ち破って、もっと大きな殻に移住すること。

それを叶えるために、必要な資源は揃っている。

後は進みだすだけ。