和海悠の『Passing through a Tunnel』〜方向性模索中〜

和海悠(かずみゆう)の好きな音楽、創作、IT、最近の興味と自分の気づいたことをダダ漏れに発信中。

プライスレスの誘惑。

ついにSATCを観終えた。

全6シーズンに費やしたレンタル代と時間は、

プライスレスなのか、それとも無駄なものなのか。

 

人はプライスレスを求めて生きている。

お金じゃ買えない価値がある、なんてCMは見事にそこに訴えかけてくれる。

安月給じゃ買えるものなんてそんなにないのだけれど。

 

しかし、大切なプライスレスを得るためには「お金」も重要な要素になるのではないだろうか。

大切な人を幸せにしたいなら、お金がなくてはならない。

お金があれば幸せってわけじゃなく、幸せになる近道にお金があるという意味で。

 

プライスレスについて友人と話した。

お金は3番目に大切なのだそうだ。

1番大切なのは?そう問いかけてすぐに回答があった。

 

「自分」

 

人は自分を一番大事に思っている。

プライスレスを得るのは、自分がそのプライスレスで満たされるからだ。

優しさなんて、案外そういう自己満足なのかもしれない。

 

プライスレスを探すんじゃなくて、自分自身に価値をつけない生き方も、楽しいかもしれない。

 

Sex and the City エッセンシャルコレクションBOX (初回限定生産) [DVD]

Sex and the City エッセンシャルコレクションBOX (初回限定生産) [DVD]