和海悠の『Passing through a Tunnel』〜方向性模索中〜

和海悠(かずみゆう)の好きな音楽、創作、IT、最近の興味と自分の気づいたことをダダ漏れに発信中。

昔の日記。

大学時代の日記を見ると、自分の赤裸々さに驚く。

こんなことをこんなところまで書いて良いのか!?って事実だったり、

就職活動の辛さや願いだったり、卒業への感傷だったり。

 

そのときそのときを必死だったし、

稚拙ながらもちゃんと自分の考えを書いていた。

ちゃんと自分と向き合っていた。

 

気になるのは、あの頃と同じことを繰り返していること。

負荷をかけるだけじゃなくて、

そこから抜け出ようとして、現実に抜け出ることが大切なのに。

 

あの頃と変わらず、突き抜けることはできていない。

それどころか、つまんないことで悩んだりもしている。

 

でも、あの頃の気持ちを思い出せた。

誰かの真似なんてしなくていい。

誰かと比べなくてもいい。

自分は自分でしかない。

平凡な僕でも、努力によって何かを変えられるかもしれない。