和海悠の『Passing through a Tunnel』〜方向性模索中〜

和海悠(かずみゆう)の好きな音楽、創作、IT、最近の興味と自分の気づいたことをダダ漏れに発信中。

さよならラックオブエナジー。

さて、最近のワタクシはというと、 

10月に診断士試験が終わってから、ずっと本を読んでいました。後は、ドラマや映画を観たりとか。比較的だらだらと。現実逃避かって?まぁそうかもね(笑)

後はねー、白熱教室が好きすぎた。面白くない時や仕事が忙しい時は観れなくて溜まっていく一方やったけど、とりあえず毎週録画してた。

平成23年総括。

今年は診断士試験のために勉強したりもした。 ブクログが楽しくて、読んだ本を片っ端からレビューして遊んだりもしてた。 TwitterFacebookを使って情報を仕入れるのも発信するのも楽しんだ。 目標として掲げたインプット・アウトプットはある程度できた。

だけど、近頃は「それで何になるん?」って思うことが増えた。
知識を得るって大切。考えたこと・思ったことを漠然とつぶやくこともある。 やけど、それだけじゃ不十分だなって。
いろいろ「思った」ところで、実際に行動が伴わなければ、しょうもない。

そういうバランス的なものは、平成23年は今ひとつやったかな。

ちなみに、行動できない理由?言い訳?としては、なぜか不健康やった。
夜遅くまで起きてると朝起きあがれないとか終わってる。
少し歩くだけでめまいしてくるしさー。体力なさすぎ。

平成24年、といわず将来のことを考えた。

平成24年は、そんなしょうもない自分から脱却したい。
もっと魅力的な人間になるべく、いろいろと【行動】していこうと思います!!
昼も夜も関係なく、必要なときに必要なエネルギーを出せるように、自分をコントロールしていきたい! そして、コントロールするにしても最低限の体力はほしいから、体力もつける。

人との関わりを避けた時もあった。新しい舞台を恐れたりもした。
何も継続できなくて口から出まかせの人間になったりもした。
でも、それを過去の話にして、「そんなときもあったね」って、そう来年からは言えるように。