和海悠の『Passing through a Tunnel』〜方向性模索中〜

和海悠(かずみゆう)の好きな音楽、創作、IT、最近の興味と自分の気づいたことをダダ漏れに発信中。

(un)able

毒にも薬にもならない。買い物も読書も音楽も、のたうちまわらせるほどのものでない。
少し眩暈がするのは、刺激を避けているのは、きっと疲れを感じているからであろう。
理由なんて解らない。知りたくもない。自分が自分を追いつめているってことだけは解るけど。

誰かに必要と言われたくて、だけどあまりに多くを関わるのは得策でないと思った。ボロを出さないため。うまくいっていたのに。ひとりの世界になふと、何を目標に生きていたのか、そんな疑問があらわになる。
今回もまた、輪郭をなぞるだけで封印するのかな。それは一番楽だけど、また追いかけて来るよね、いつか。

誰かと較べるんじゃないと、どれだけ言い聞かせれば、この鎖は断ち切れるだろう。僕は僕だと、どれだけ叫べば。
甘いと言われるんだろうか。もしそうなら、この甘さを一度じっくり感じてみたい。誰かの評価を取り除いた先に、自分が自分を褒めてあげられるなら。