和海悠の『Passing through a Tunnel』〜方向性模索中〜

和海悠(かずみゆう)の好きな音楽、創作、IT、最近の興味と自分の気づいたことをダダ漏れに発信中。

跳び箱までの長い助走。

6/1より出向で東京に来ました!

同じ系列の会社やのに全然違うことに驚きを隠せない。
業務量も情報量もたくさんで、家に帰ってクタクタ、何もせず寝て、起きたら出社…としてたら、一ヶ月過ぎた。

中でも、苦労しているのは電車通勤。高校時代以来じゃなかろうか。
満員電車って、座っててもこんなに苦痛やったんやー!!
しかも業務開始時間遅なったのに、家出る時間早くなってるし!!

プライベートで華やかな東京ライフを送るつもりが、最初の一週間はご飯が喉を通らなくて、音楽はピアノバラードさえ音圧高すぎて無音、…というまさかのセンシティブな状態。
いや、今はお腹空いてたまらんし、週に5枚はCD借りてるくらいやねんけどね。笑
こんなはずじゃなかったのに。まいった。

救いは、上司がめちゃくちゃ仕事できはる人で、人格的に素敵すぎること!係長も補佐も課長も…!(最初は標準語が怖かったけど。)
しかもめちゃ気遣ってくれはる。マジで尊敬。
仕事内容ではたまにもやもやするけど。まだまだこれから!

跳び箱?

きっとこの苦しさは跳び箱の助走みたいなもんで、飛び越えたら意外に短かった、なんていう類のものなんかな。
まだまだ朝は辛いしこのまま続けていく自信ないし大阪に帰りたくて帰りたくて震えるしこれでいいのか違う路を探したくもなるけど、どこにおったって僕はなんかしらそんな感じになるんやと思う。よくも悪くもね。

タイムリミットに焦って答え出そうとせず、もう少しもやもやしてよう。
大丈夫!まだ独身、守るべき人もモノもない!なんとかなる!笑
とりあえず東京ガイドブック買ったし、外に出かけて行くとこから始めよう!
休みに外に出る気にならないってのは、全く良くない!!

都心へ引っ越そう、できるだけ早く。通勤時間減らそう。