読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

和海悠の『Passing through a Tunnel』〜方向性模索中〜

和海悠(かずみゆう)の好きな音楽、創作、IT、最近の興味と自分の気づいたことをダダ漏れに発信中。

Web作詞集:needless

99Web作詞集

誰もが強く生きたいと願い、奇跡を待つ・・・

  1. Literal
  2. Lonely
  3. Dirty
  4. Game
  5. ill
  6. ex

 1.Literal

美しく咲いた 儚き幻 砂漠の花は永久の記憶

とどまることない 寄せては返して 抗う波に何を思う

何かの強い力によって 立ち上がれと急かされる
明日は早く起きなきゃだけど もう少し酔わせてほしい

どうかここで突き放して
歪んだ鏡 僕が僕を憎んでいる
嗚咽になればいいのに
崖の上でも すすり泣くことさえできない 


神様の言った 言葉を並べて 信じるほどに素直じゃない
あなたの期待に 応えられるほど 蓄えている力もない

それでもいいと言ってくれたら 何かが変わったというの?
書き記しても僕の記憶は 曖昧で覚えきれない

何も隠さず表わして
醜ささえも 愛しさへと変わる日まで
かすかに残る微熱が
打ち消していく 未来への希望の存在


どうかここで突き放して
濁った瞳 僕が僕を捨て去るため
言葉になって消えたい
世界の果てに 焼き捨てて生まれ変わりたい

2.Lonely

ココロの中 ぶちまけてみたくて
アドレス帳を スクロールしてみる
あいつは違う ただの遊び仲間
騒ぎたいとき なんとなく呼び出しあうだけ

それは余り物 数合わせの遊び
結論の一手に 触れてはいけないの

Lonely 解ったフリが上手いだけで
Lonely 解りあえないままで
身体重ねても そんなもの欲しくはない
裸の胸 透き通った君もまた


汚れた街 生き抜いていくため
譲れないって 持っているガラクタ
こいつも違う 弱み見せられない
「そつなくこなす」 イメージを壊したくない

大事な人ほど すがりつけなくて
棄てられる怖さに 縛られているから?

Finally 気づいたような気がしたけど
Finally 何も残ってなくて
かっこつけたって 見られたい人がいない
拾い上げた 皺になったシャツのよう


Lonely One 君だってそうでしょ
Lonely One 孤独を癒やしたい
Lonely One もっと知ってくれる? Are you Only One?

Lonely 解ったフリが上手いだけで
Lonely 解りあえないままで
身体重ねても そんなもの欲しくはない
裸の胸 透き通った君もまた

僕もまた 君もまた ひとりきり 彷徨った旅人

3Dirty

外見だけならそれはビューティ
関わってみれば実はダーティ
外見だけならそれはビューティ
関わってみれば実はダーティ


演技して仲良くなる
初対面の儀式
上辺だけ見ているなら
いい人でさよなら

喜怒哀楽がある人間だからこそ
笑顔が一番安心するでしょう?

暴いてみせてよ表から裏へ
嫌いになるくらい
曝け出せなくて悩める気持ちを
なんとなく察して
誰も知らない本当のところ
実は出したい本当のところ
触れてみて

外見だけならそれはビューティ
関わってみれば実はダーティ
外見だけならそれはビューティ
関わってみれば実はダーティ


気を遣う関係性
上司部下愛人
それなりで構わないと
割り切ってしまえ

求められた答えリピートする機械
満足したならお金はよろしくね

覗いてみたいよ隅から隅まで
なのに曇りガラス
覗いて見えない隠れた想いは
なんとなく察して
誰も知らない本当のところ
実は出したい本当のところ
触れてみて

外見だけならそれはビューティ
関わってみれば実はダーティ
外見だけならそれはビューティ
関わってみれば実はダーティ

4Game

朝日が瞼を明けて
今日もはじまった一日
この世の酸いも甘いも
たいしたことない

指と指くらい プラスとマイナスが
あるくらいのことで
泣いたり笑ったり 疲れちゃった
もうコリゴリ

誰にも触れさせない
僕の心の奥
インダストリアルデザイン
攻めるか守るかだけ
考えるのがイージー
さぁ今日のゲームはどうなるの?


昨日を反省したり
明日に期待をかけたって
地球は同じ速度で
回っているもの

好き嫌いとか 死ぬとか生きるとか
大げさな表現
僕らは神様に 動かされる 
ひとつの駒

二人はひとりひとり
化学反応見て
ブランドニューテクノロジー
新たな息吹こそが
待ち望まれるストーリー
その後のゲームはどうなるの?


誰にも触れさせない
僕の心の奥
インダストリアルデザイン
攻めるか守るかだけ
続けていくしかない
ねぇ僕のエンディングはどうなるの?

5ill

抜け出せない現状維持
大人になるってこういうこと?
重荷ばかり 増えていって
投げ飛ばしたくても できないんだ

きっと責任があるから人は
頑張ろうとしているんでしょう
だけど自由にはなれずに人は
耐えているんでしょう

そうだ社会全体で病
抱えて生きてる 分け前不平等
かかりつけのお医者さん
どうにもできずに お手上げの事態


遊び慣れた夜の街が
遠ざかっていく20代
会社だとか家族だとか
安全地帯へと潜り込むの

どこか安心な居場所を探し
見せかけでも笑ってるでしょう
だけど妥協した本音が溢れ
ひび割れてるんでしょう

今日も社会全体で病
受け入れているよ 光化学スモッグ
レールのない流浪の民
あなたはどこかに 見つけたの?希望

悲しみばかり 溢れる時代
翼だなんて 折れてしまった
夢をみている 少年たちよ
逃げ出していけ 振り返らないで


闇があるから光 輝くと歌ったあの人は
たまたま強い 運命に引かれただけでしょう

そうだ社会全体で病
抱えて生きてる 分け前不平等
かかりつけのお医者さん
どうにもできずに お手上げの事態

悲しみばかり 溢れる時代
翼だなんて 折れてしまった
夢をみている 少年たちよ
逃げ出していけ 振り返らないで

6ex

懐かしさに震える 別れた日と同じだね
空から零れる粉雪


出逢った頃はいつだって一緒にいたね キャンパス内で
同じ授業とって 時にサボって 遊びに行ったね

澄み切ったあなたの眼が見てるもの 何か気になってた
ぶつかって離れるのは嫌だから 見ないようにしてた

懐かしさに震える 別れた日と同じだね
空から零れる粉雪
今だったら言えるのかな あの日の僕のことを
無理して耐えてた涙を


季節は巡り僕たちは気づかぬうちに 大人になって
隠し事などない 幸せそうに 見えていたでしょう?

だけどまだ 聞き出せないことがある ずっと気になってた
ぶつかって離れるのは嫌だけど 耐えられなかったの

忘れられない昔を あなたが隠す過去を
ふたりで乗り越えたかった
好きだけれど言った「嫌い」 あの日の別れのキス
忘れたつもりだったのに


懐かしさに震える 別れた日と同じだね
空から零れる粉雪
久しぶりに交わす言葉 何にも浮かばなくて
逆に笑っちゃうくらい
今になって解ったんだ 愛しい過去は溶けずに
積もっていく雪のように…

幾度季節が巡ったって 溶けない想いがあると知った

7.a

ひとり佇む スクランブル交差点で
月が浮かぶのを ただ待ち続けていた

ごく普通の毎日に嫌気が差したのはいつからだろうか
恋しい人も現れない
仲の良かった友達と遊ぶことも減っている
消えちゃいそう

匿名の私が 特定されるのは悪さをした時で
無難に生きているうちは 闇が勝ってしまうの


君が話した 未来の夢を思い出した
あの日励ました 私はもうここにいない

当たり前に感じてる空気が揺れ動くささいなことにも
苛立ちながら歩き出した
何を一番大切にしたいのかが解らない
中途半端

特別なあの人 憧れられるのは努力の賜物で
奇跡を呼び寄せたことは 才能の一部でしょう

胸に響く言葉
タイムラインに流してる
誰もがそんな風に
強く生きたいと願い
奇跡を待つ

匿名の私が 特定されるのは悪さをした時で
無難に生きているうちは 闇が勝ってしまうのなら

特別なあの人 なりたくてなれない だけどなりたくて
奇跡を呼び寄せるために 僕の背を押してほしい

闇に輝く光に…