読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

和海悠の『Passing through a Tunnel』〜方向性模索中〜

和海悠(かずみゆう)の好きな音楽、創作、IT、最近の興味と自分の気づいたことをダダ漏れに発信中。

映画「カイジ 人生逆転ゲーム」:あるがまま生きていけるほど純情なんかじゃない。

03ドラマ/映画

格差社会の成れの果て?

カイジ目線で言うと、手に汗握るとはまさにこのこと。あの人、相当頭いいよね、生きるのは下手そうだけど。 

序盤で香川さんがいう「なぜなら、お前たちは負け組だからだ」ってフレーズに、ちょっと背中がざわあって。そして焦って勝とうとする者達。

果たして、それでいいのか?現実社会の縮図のようで、そこでまず思考停止。

2つ目の関門以降は、「流れは見えている」というか、推測可能な範囲やったんやけど、 それにしても手汗と脇汗で大変なことに。

特に3つ目の関門、こういう駆け引きする映画として、エンタメ性は非常に高い。 藤原竜也と香川さんの演技力でさらに説得力倍増。まいった。

そして天海さんかっこよすぎるよ。YUIの曲もエンディングにぴったりやったよ。

編集後記

見たい映画は見たいときに。 聴きたい音楽は聴きたいときに。 この「即時性」ってやつ、なかなかに大切ですねぇ。。。 

次に見たいのは何かなーって感じです。

カイジ 人生逆転ゲーム 豪華版 (限定生産) [DVD]

カイジ 人生逆転ゲーム 豪華版 (限定生産) [DVD]