読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

和海悠の『Passing through a Tunnel』〜方向性模索中〜

和海悠(かずみゆう)の好きな音楽、創作、IT、最近の興味と自分の気づいたことをダダ漏れに発信中。

Web作詞集:等身大 - REAL ME -

霧の中を走り抜けた先…もっともっと先へ

  1. pianissimo
  2. 漂流
  3. ひとりじゃない
  4. Goodbyeここから
  5. 永遠の謎
  6. 譲れない
  7. fortissimo

 

pianissimo

たちこめる 靄が覆う
去るのを待つ with laying down
指が覚えている旋律

アレグロで 走る空 
スピードを 保って デクレッシェンド

とめどなく 霧で霞む
渓谷から Let me fly down
脳が求めている残像

トレモロを 試すたび
メロディが ぼやけて デプレッション

たちこめる 靄が覆う

漂流

「死にたい」と言ったなら あなたは殺してくれる?
他の人のように逃げ出さずに手に持った剣で…


流されることのない 大樹に憧れては
自由に飛べる羽根も 欲しがっていたの

わがまますぎる罰で 私は漂流した
家族や友達さえ わたしを無視した


投げ出すくらい どうってことはない
わたしは零(ゼロ) これ以上は無くならない

恨んでいけないなら どうしていけばいいの?
痛みを受け容れて前に進むそのためには…
「死にたい」と言ったなら あなたは殺してくれる?
他の人のように 逃げ出さずに手に持った 剣で…


満員電車の中 ため息の毒りんご
苦痛に耐えていても わたしが千切れる

行き場のない想いが 簡単に消えちゃうの
居場所のないあなたは 当たり前と言う

柩の中で 歳を重ねたら
恐ればかり 膨らんでしまう…どうして?


希望を見せるのなら 最後まで夢のまま
王子に会えなくてもキスされないほうがいい
「死んでくれ」と言ったら あなたは消えてくれるの?
漂う魂が 天(そら)へ還っていけるよう 願って…


何もなくていい ただひとつだけ
「ここにいてもいい」と感じたい

優しく撫でる指も 疑ってしまうから
偶然触れたようなくらいで終わってほしい
「死にたい」と言ったなら あなたは殺してくれる?
他の人のように 逃げ出さずに、と誓って

わたしは漂うの 何かを裏切ったような 気分で…

ひとりじゃない

愛なんてなかったら
もっと楽になれたのに
口癖になっていたんだと
やっと気づけたんだ


学校も家もつまらないし
人間関係は面倒で
居場所なんてないと思ってた
助けてと言いながらも声をあげなかった

街中すれ違う人々
みんなが不幸せな顔してる
お金だけがすべての世界だし
辛いこと耐えるにはそう思うしかなかった

まぶしいブルーライト
夜と昼の混じる部屋
閉じこもっていた日々も
無駄じゃないと君が言ってくれた言葉

愛なんてなかったら
もっと楽になれたのに
口癖になっていたんだと
やっと気づけたんだ

情なんてなかったら
大人にならなかったら
つながりを知らないまま
ひとりでいたのかな


自然に横に並んできて
ひとりでいたいのに邪魔をする
子どもだったあの頃を思い出す
何にも話せないのに期待していた日々

隣の誰かとかじゃなくて
自分で不幸せになっていた
そんな僕を救ってくれたのは
僕も知らない僕を 君が見つけたからさ

何かに打ち込むために
犠牲だってつきもので
それが信じることだと
やってみたら?君が言ってくれた言葉

夢なんてなかったら
僕はどうしていただろう
闇の中もがいていたから
今が眩しいんだ

これまでがなかったら
これからもないもんだと
自分を認めてあげたら
変わっていけるかな


僕は歩き出そう
振り返ることなく
誰のためでもなく
僕自身のための道

愛なんてなかったら
もっと楽になれたのに
口癖になっていたんだと
やっと気づけたんだ

情なんてなかったら
大人にならなかったら
つながりを知らないまま
ひとりでいたのかな

僕はひとりじゃない

Goodbyeここから

ただ過ぎていく時に怯えてた
本当にこれで よかったのかって
永久の眠りにつくその日までに
何を残せるかって

優しい仲間に支えられてた
だからこそ告げる別れ

Good bye ここから
Good luck はじまる
輝くまでのステップ, ダンサー
Some day 未来を
C U 変えよう
希望にあふれた世界へ

 

覚悟するまで躊躇もしていた
大きな野望抱えていたって
意気込んだって空回りするし
逃げ出したくなる

不安な夜には問いかけていた
羽ばたいた空の先を

Good bye 孤独も
Good luck 絶望も
輝くには欠かせないよ
Some day いつしか
C U 逢おうね
僕らが築いた世界で

 選んだのは僕だから Leaving here, Now&4eva
 後悔なんてしないさ Living there, Now&4eva 

Good bye ここから
Good luck はじまる
停められないジェットコースター
Some day 未来を
C U 変えよう
希望にあふれた世界へ

Good bye 孤独も
Good luck 絶望も
輝くまでのステップ, ダンサー
Some day いつしか
C U 逢おうね
僕らが築いた世界で

永遠の謎

人を見る目がない人たちが
理想の社会 描いて語る
時代のせいと嘆く大人に
なってしまって ほんとごめんね

考えすぎて深みにはまる
性格は相変わらず
誰にも頼れずに悩む
誰かになりたい僕が 塗りつぶす空

どこか遠くへ行きたくて逃げ出した街を想う
窓から漏れる光からあなたの無事を祈る
たとえ僕がどこにいても どこかで倒れていても
大切なものを守りたい


認められたい想いばかりで
誰にも笑顔 振りまいたけど
近寄る群れを嫌っていた
本当に欲しいものは何だろう?

大きな声に潰されかけて
刺激にはしょげ返って
だけれど立ち上がれたのは
心に秘めていたから 魔法の呪文

ここぞって時は譲れずに 駄々こねた子どもだった
軸はまったくぶれてない 今でも変わらないよ
目に見えないというのなら 不安でしかたないなら
僕のこと忘れてほしい


考えてみても解けない謎は
そのまま謎で置いておけばいい

どこか遠くへ行きたくて 逃げ出した街を想う
窓から漏れる光から あなたの無事を祈る
たとえ僕がどこにいても どこかで倒れていても
大切なものを守りたい

ここぞって時は譲れずに 駄々こねた子どもだった
軸はまったくぶれてない 今でも変わらないよ
目に見えないというのなら 不安でしかたないなら
僕のこと忘れてほしい

僕があなたを覚えている

譲れない

あるがまま生きようなんて
そんなの都合がよすぎる
妥協で塗りつぶされた
現実を生きている

何もかも手に入れたくて
どうしてチャンスを待っている?
自分で手を伸ばさなきゃ
掴むべきものさえも見つからない

 何一つ犠牲にしないで
 誰一人傷つけない世界
 どんなに素敵だとしたって
 想像するしかないのだけど

 人と人が行き交う街で
 それぞれが何故だか奪い合う
 譲れないものがあるなら
 要らないもの棄てちまえ

あるがまま生きようとして
結局何を欲しがってる?
どうしても評価はされる
この世で生きている限り


偉そうな言葉かざして
何にもできない人々
すがりつく過去に意味など
どこにも見いだせはしない

 誰からも非難をされずに
 想いだけで走りだす人達
 計り知れないその苦労に
 頭が上がらなくて苦しい

 関係を生み出すことすら
 誰かに頼りたくなるけど
 譲れないものただひとつ
 護れたならそれでいい

あるがまま生きられないと
認めてしまえたその時
譲れないものを抱えた
自分に出逢える気がする

あるがまま生きようなんて
そんなの都合がよすぎる
妥協で塗りつぶされた
現実を変えていく

fortissimo

たちこめる 靄を抜けて
別れ告げる C U around
指が覚えている旋律

C調で 歩き出す
オクターブで 高鳴る クレッシェンド

何もない ここにはもう
落ちてもいい step up from surround
脳が求めている理想へ

トレモロが はまりだす
リフレインが 貫く インスパイア

たちこめる 靄を抜けて