和海悠の『Passing through a Tunnel』〜方向性模索中〜

和海悠(かずみゆう)の好きな音楽、創作、IT、最近の興味と自分の気づいたことをダダ漏れに発信中。

ストレングス・ファインダーの機能不全=自分自身?

過去、ストレングスファインダーを受験しているが、それを人のために使えていないのでは?という備忘録的記事。

ちなみに過去の結果は以下のとおり。

<2012夏>前職、東京出向時
回復志向 、②自我、③適応性、④共感性、⑤学習

 

<2014夏>転職検討中
回復志向、②収集心、③学習欲、④内省、⑤慎重さ

 

※セルフコメント
・回復志向が顕著。それが自分自身に向かう不全が躁鬱につながっているのかなぁなんて。
・学習するのは好き。ただし飽きやすい一面も。

 

 

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす

 

 

ストレングス・ファインダーでコーチをやっている方からは、「見た感じ、本質的には2012年の方が近いのでは?」というコメントをいただきました。そりゃあ慎重さが上位なら普通行かないよね、初対面が集まる場所。ただ、当時はそれを超えるくらい回復志向が強まっていたのかなぁ。

どこかの記事では「自我と回復志向の掛け合わせは自分自身に矛先を向けやすい」とかあったようななかったような…。

とりあえず掛けあわせで変化するストレングス・ファインダー。34の資質を全部見るには$79.99であり、このパンドラの箱をいつ開けるか、悩ましい…。