読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

和海悠の『Passing through a Tunnel』〜方向性模索中〜

和海悠(かずみゆう)の好きな音楽、創作、IT、最近の興味と自分の気づいたことをダダ漏れに発信中。

Web作詞:飛べるなら

意地になるほど幼く見えるあなたの目の前で
落ち着いていられるほど大人だった 不思議だね
 
黙りこむ強さなんて いつの間に憶えたのだろう
泳いだ目を見逃さない したたかさも身につけて
 
取り繕う言葉には
期待しない
いつだって
 
あなたが言い出した意味を 私が知らなかったとして
信じられない心から あなたは逃げられない
 
 
みんな平等だなんて あなたが言い張るのならば
世界で不幸な人はいないでしょう? そうだよね
 
純粋が魅力だって 昔なら思えたのだろう
空回りして先走った エゴイズムの塊も
 
時を待って微笑んだ
やってみせて
飛べるなら
 
あなたが描いてた夢を 私が知らなかったとして
私の温かい腕に 最後はすがりつくの
 
 
一度揺れた感情は
世界だって
裏返す
 
あなたが言い出した意味を 私が知らなかったとして
信じられない心から あなたは逃げられない
 
あなたが描いてた夢を 私が知らなかったとして
私の温かい腕に 最後はすがりつくの
 
そしてあなたがこの場所に 温かさを求めたなら
あなたを見捨てて私は 微笑んで飛んでいく