読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

和海悠の『Passing through a Tunnel』〜方向性模索中〜

和海悠(かずみゆう)の好きな音楽、創作、IT、最近の興味と自分の気づいたことをダダ漏れに発信中。

Web作詞:無言

何を言えばいいのだろう
濁っている空気
頷かせるためだけに
呼ばないでよ僕を
 
真面目な喝を 茶化すモノマネ
すり替えられる正義の在り処
ぶつかることを避けて生きていたら
息することも忘れそう
 
雑踏の気配 切り捨ててよヘッドフォン
隣で騒いでる 同じような顔の群れ
スタンプを送った 優しそうに映るメッセージ
私は敵じゃないんです 仲間ではないだけです
 
 
そして何を望むだろう
切り刻んだ鎖
別れられたはずなのに
続いている悪夢
 
テンポ重視の 無意味な語感
下敷きになる誰かの論理
ごちゃまぜにして遊びすぎたみたい
意志ってどんな風だった?
 
感動の線に 触れやしないフィクション
世界の人々が 泣いたはずじゃなかったの?
あの頃シェアされた 親子のファンタジーみたい
生きてるだけで嬉しいと 抱きしめて気づいたんです
 
 
苦しい時の「大丈夫」とか
別れる時の「また逢おう」とか
選ぶ言葉を信じられなくって
無言でいるようになった
 
嫌われることで 確立したセクション
聴きたくない言葉が安心に変わっていた
確かな知識とか 純度の高い感情を
求めているのにどうして 輪郭がぼやけるのだろう?
 
ひとりごとも浮かばない
生きる意味も失って