読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

和海悠の『Passing through a Tunnel』〜方向性模索中〜

和海悠(かずみゆう)の好きな音楽、創作、IT、最近の興味と自分の気づいたことをダダ漏れに発信中。

音声入力でブログを書いてみようと思って書いてみた話。

参考にしたのは、このブログ。

yoshizo.hatenablog.com

tokyo.secret.jp

 

音声入力でブログを書くとどうなるかと思って、実際に書いてみた。

慣れるまでは、大量に文章を読み上げるからか、とても読みづらい文章になっていた。

少しして、大量に文書を読み上げるより、少しずつ文章を区切っていった方が、音声入力の精度が上がることに気づく。

それでも、だいたい五文読み上げて、一文意味不明な文章ができあがるくらい。たぶん滑舌が悪いせい(苦笑)、

 

その他、ポイントとしてわかったのは、こまめに句読点を読み上げること。

そうすれば、後から見ても修正しやすい。

 

Macbook air音声入力だと、改行がするという方法があるらしい。

c-through.blogto.jp

…改行…改行って言ったら解除するって書いてあるんだけどなぁ。

 

でもなんとなく使い方がわかったかな。

確かに、いちいちタイピングするより、思考が拡散しやすい。
慣れるまでは大変だろうけど、慣れたら一気に記事を更新することも可能かも。

たくさん書いて、後から修正すれば、別にいいんだもんな。
iPhoneのSiriも全然使っていないし、音声入力に抵抗あったけれど、
たくさん話すことで入力の精度もあがっていくのかもしれない。

(この記事は10分✕2で完成しました)

lifehacking.jp