読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

和海悠の『Passing through a Tunnel』〜方向性模索中〜

和海悠(かずみゆう)の好きな音楽、創作、IT、最近の興味と自分の気づいたことをダダ漏れに発信中。

モーニング娘。'16「Tokyoという片隅」:弱さよりも、がむしゃらさを訴える。

youtu.be

モーニング娘。はサマーナイトタウンから追ってます。
As for one day以降、一時お休みしていた時期もありますが、
なんちゃって恋愛からまた過去に遡って聞くようになり、
One Two Threeでの世間の再評価の流れに乗っかり、「わくてかてかちゃ〜ん!」とか「ねせさり?」とか職場女子とキャハキャハ言ってました。

さゆ卒業以降もなんだかんだで聞いてます、くらいのレベルなんですが、
’16初シングルの「Tokyoという片隅」をYoutubeリピしてます。

Tokyoを片隅っていうくらいだからせつない系だろうと思ってたら、いきなり轟音系の出だしでびっくり。
EDMだけれど、いつものようにフィンフィンいってないし、リズムが前には出ていない。
とはいえ、過去のロック調(シャボン玉とか悲しみトワイライトとか)とは音が違う。
普通にかっこいいじゃねぇか…!

ふくちゃんとだーいしのハモリ部分(「Crazy beat wowowo wowowo」のところ)はこれまでモー娘。で聴いたことのないようなフェイクだったし、
まーさくのサビ部分の迫力は見応えあり。おだちゃん本当に歌うまいし、まーちゃん表情がかっこいい。

歌詞でいうと、
「ぎゅっとされたいって思うこともあるし将来が不安だ。
東京の片隅で、私たちは正直に、がむしゃらにしか生きれないんだ」
といったところか?

MVを見ると、自分たちの撮影風景がセットやカメラごと映ってのダンスショット、
撮影前後とみられる、水を飲んだりする私服ショットの2種類。

私服部分は、みんなどことなく落ち込んだ?(真面目な?)顔つき。
一方で、今作で卒業するズッキだけが笑顔で去っていくように描かれる。
(口元が何かメッセージ言っている?みたいな感じになっている。)(4:23)

Tokyoという片隅=芸能界と考えると、
ズッキがツライ場所から解放された、とも考えられる。
うーん想像力が追いつかない。

MVは今のでもいいけど、せっかくならもっとドラマ調にしてもよかったのかなぁとも思ったり。この曲みたいな。

youtu.be

ダンスショットPV、どうせ作ってるんだろうから、ダンスはそちらで補うので。
このバージョンのカメラ割より、ひなフェスのライブ映像のほうが迫力あったなぁ…
(歌はこっちのほうが整ってるけど)