読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

和海悠の『Passing through a Tunnel』〜方向性模索中〜

和海悠(かずみゆう)の好きな音楽、創作、IT、最近の興味と自分の気づいたことをダダ漏れに発信中。

三代目J Soul Brothers「Summer Madness feat. Afrojack」:圧倒的アンビアンス。

youtu.be

 

三代目J Soul Brothersに関してはデビュー曲から知ってはいたものの、ちゃんと聞き出したのはシングル「花火」→アルバム「BLUE PLANET」から。
「BLUE PLANET」は幅広く手探りしている挑戦的な曲を集めた印象で、今よりもオラオラしてなくて、どっちかっていうとバラード曲多めでした。
「君の瞳に恋してる」のカバーとか、みんな瞳に恋するの好きだなー…。

その後、「R.Y.U.S.E.I」が大ヒット、その曲が収録されたアルバム「PLANET SEVEN」は聞いたものの、シングル以外は退屈に感じてしまい、前半とラストの「O.R.I.O.N」しか聞いていない。

…というくらいの僕が最新アルバム「THE JSB LEGACY」を聞きました。

前作「PLANET SEVEN」が良くも悪くも「R.Y.U.S.E.I」「C.O.S.M.O.S」の2曲の魅力が突出していた印象だったのが、
今作は「Summer Madness」という攻め玉が他の曲をより魅力的にしているように感じました。

他の曲には、どうしても過去曲の焼きまわし・下位互換的に見てしまうけれど、
この曲は、あえて言えばRYUSEI的EDMとはいえ、ここまで振り切っているのははじめてではなかろうか。

 

前奏がはじまるだけでテンションがあがる。

そっかー。歌詞に出てくる「アンビアンス」って環境とか雰囲気のことだったんですね(←言葉収集)。
「ケータイのカメラじゃきっと写りはしない景色」っていいフレーズだなぁ。フックもあって、耳に残る。

まぁ歌詞は実際にこの雰囲気を感じて仲間と楽しもうぜ!という、いかにもな感じかな?
「熟れた果実のような太陽が〜」という部分だけだともっとエロティズムのある感じになるかと思っていたんだけど。

Summer Madness - 三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE - 歌詞 : 歌ネット

話は変わって、この曲、カラオケで歌うのが難しい。
譜割りが独特だからか、数回聞いただけではなかなか言葉をどう音に乗せればいいのか解らない。
これも、歌う音楽から聞く音楽・乗れる音楽への変化か?それとも自分が衰えた??

 

Summer Madness (CD+DVD)

Summer Madness (CD+DVD)